東京電力の財形貯蓄の金利はなんと年8.5%ですと

  大企業になると、社内預金の金利もすごいらしい。

 財形貯蓄の金利が年8・5%!

 どこの企業の話だって?

 ええ、東京電力の財形貯蓄の話だ。

 一般の財形貯蓄の金利が3,5%、リフレッシュ財形貯蓄(どういうものかは、管理人にはわからん)8.5%だって。

 すごいなあ、普通いま財形貯蓄なんて桁がゼロひとつ違うだろう・・・。

 それとも、大企業ってこんなもの???

 管理人の公務員時代を省みても、こんなに金利がついてない。

 さらには、自社株の買取には10%の割引があるとか。

 これが全部、われわれの電気代から出てる財源でできてる。

 いやー、東電の幹部は、金たまったろうなあ。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

NTT東日本の電話回線を利用している人なら、@ビリング

noimage

銀行の定期金利はどうやって決まる?

noimage

りそな銀行のATM入出金

noimage

三大疾病(特定疾病)保障特約ってどんなもの?

noimage

介護福祉士・平成27年度(28年試験)から受験制度変更

noimage

低金利住宅ローンのわな

noimage
noimage

野村信託銀行のデメリット

noimage
noimage

11月の銀行定期預金の金利一覧

noimage
noimage

年末調整・扶養控除はどうなった?

noimage

東京都職員信用組合の新入職員限定高金利積み立て

noimage

ワオンカードのICチップが壊れてワオンが使えない

noimage

9月の個人向け国債の募集が開始されている

Menu

HOME

 TOP