価値のある硬貨がまぎれているかも、財布の中を探してみよう

 財布の中が小銭ばかりだとお嘆きの人、価値のある硬貨が混ざってない?

[スポンサーリンク]

額面以上の価値とは?

 ふつう10円は10円の価値しかない。

 10円玉では10円以上の買い物はできない。

 額面以上の価値があると。

  「10円玉だけど10円を越えた価値がある」

 「10円玉だけど売ったら10円以上のお金になる」

 といったように本来のお金の額以上の価値があるというもの。

額面以上の価値のある硬貨

  • 『10円硬貨の周囲がぎざぎざ』→『ギザ10』使って無い硬貨または、昭和33年製造のものなら、それなりの金額で引き取ってくれる。
  • 『「日本国」ではなくて「日本國」と書いてある、5円玉。』、特に、昭和32年発行のもの。
  • 昭和62年の50円硬貨
  • 昭和62年の500円硬貨
  • 昭和64年の500円硬貨
  • 平成13年の1円硬貨と100円硬貨
  • 平成14年の100円硬貨

 ないかなあ、こんな硬貨。

発行数が少ないだけに価値がある

 発行数が少ない希少な硬貨が上の枠の中の硬貨なのだそうだ。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

新生銀行の冬の特別金利

noimage

クレジットカードのリボ払いは絶対にしてはいけない

noimage
noimage

銀行の投資信託は安全か?

noimage
noimage

預金保護(ペイオフ)制度とはどんなもの

noimage

ゆうちょ銀行は仕送りに便利

noimage

携帯電話に税金がかかるかもしれないよ

noimage

復興国債、本日販売開始

noimage

東京電力の財形貯蓄の金利はなんと年8.5%ですと

血液型が合わなくとも実の親子である可能性がある

血液型が合わなくとも実の親子である可能性がある

noimage

日本銀行本支店連絡先

noimage

住信SBIネット銀行目的別預金口座の作り方

noimage
noimage

鶴岡信用金庫の定期預金は高金利

Menu

HOME

 TOP