価値のある硬貨がまぎれているかも、財布の中を探してみよう

 財布の中が小銭ばかりだとお嘆きの人、価値のある硬貨が混ざってない?

[スポンサーリンク]

額面以上の価値とは?

 ふつう10円は10円の価値しかない。

 10円玉では10円以上の買い物はできない。

 額面以上の価値があると。

  「10円玉だけど10円を越えた価値がある」

 「10円玉だけど売ったら10円以上のお金になる」

 といったように本来のお金の額以上の価値があるというもの。

額面以上の価値のある硬貨

  • 『10円硬貨の周囲がぎざぎざ』→『ギザ10』使って無い硬貨または、昭和33年製造のものなら、それなりの金額で引き取ってくれる。
  • 『「日本国」ではなくて「日本國」と書いてある、5円玉。』、特に、昭和32年発行のもの。
  • 昭和62年の50円硬貨
  • 昭和62年の500円硬貨
  • 昭和64年の500円硬貨
  • 平成13年の1円硬貨と100円硬貨
  • 平成14年の100円硬貨

 ないかなあ、こんな硬貨。

発行数が少ないだけに価値がある

 発行数が少ない希少な硬貨が上の枠の中の硬貨なのだそうだ。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

国民健康保険の保険料の計算は、市町村で大きく違う

noimage

証券会社の即時入金サービス・対応状況

noimage

確定拠出年金の運用機関・保険会社編

noimage
noimage

Edyはお財布ケータイでメリット大

noimage

未払賃金立替払制度の対象となる要件

noimage

収支内訳書の特殊施設・雑収入・農地の貸し借り

noimage

日本の4大銀行、支店のない県は?

noimage

個人向け国債販売開始

noimage

銀行預金はインフレに弱いは本当か?

noimage

日雇い労働者と労災・雇用保険

noimage
noimage
noimage

Yahooポイントの交換先

noimage

信用金庫と信用組合ってどう違う?

Menu

HOME

 TOP