10月から支給開始「10年年金」

 年金保険料を払った機関が10年あれば、年金がもらえる。

 という10年年金の支給が2017年10月から始まる。

 これまでは、国民年金と厚生年金の支払い・免除期間・カラ期間(合算対象期間)を合わせて25年以上の保険料納付期間がなければ年金がもらえなかった。

 けど、今度は国民年金と厚生年金の支払い・免除期間・カラ期間(合算対象期間)を合わせて10年間あれば、少額ながら年金の給付が受けられるようになる。

[スポンサーリンク]

10年年金が受給できる人は?

 10年年金の対象になる人は

  • 国民年金保険料を払った期間+免除期間+厚生年金加入期間+カラ期間(合算対象期間)の合計が10年(120ヶ月)以上ある。  

10年年金の支給対象になる年金給付は?

 10年年金の支給対象は老齢年金。

 加給年金は厚生年金の加入20年以上・配偶者が65歳未満などの条件を満たせば受給できる。

 厚生年金に1カ月以上(65歳未満であれば1年以上)加入していた場合、その分の厚生年金を受け取ることもできる。

 1年以上厚生年金に加入していれば、特別支給の老齢厚生年金も受給できる。

 遺族年金は今まで通り、25年以上の保険料納付期間が必要。

 障害年金の受給条件も今までと変わらないので、保険料納付期間が10年以上あっても、受給条件に当てはまらなければ、受給できない。

10年年金いくら受け取ることができる?

 厚生年金の場合は計算が面倒だが、国民年金だけの場合は、40年保険料を納めた満額支給の場合で年約78万円。

 から期間は支給額に反映されないので、から期間がないとすると、年金保険料納付期間が10年で4分の1として、年額19万5千円ていど。

 月額で1万6000円くらい。

 厚生年金を一定期間収めていれば、もっともらえる可能性もある。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?
障害手当金は厚生年金の加入者がもらえる一時金
国民年金を滞納するとどうなるか?
障害年金には税金がかかるのか?

障害年金には税金がかかるのか?

老齢年金の種類

老齢年金の種類

国民年金保険料の納付猶予

国民年金保険料の納付猶予

年金保険料を払っていない人は障害年金ってもらえるんだろうか?
国民年金の納付率が過去最低

国民年金の納付率が過去最低

遺族がもらえる年金まとめ

遺族がもらえる年金まとめ

障害年金を受けている場合、年金保険料は払うのか?
サラリーマンなら障害厚生年金でいざってときも安心
国民年金の遺族基礎年金夫も受け取れるようになった
年金相談窓口
高年齢雇用継続基本給付で得をしよう
厚生年金保険料はどうやって決まる?

Menu

HOME

 TOP