ペイオフ対策は・・・

 2010年9月10日、日本振興銀行が経営破綻し、初のペイオフが発動。

 最新のニュースでは、1000万を超える部分については34%くらいの払い戻しを行うらしい(正確な数字は忘れた。)

 経営破たん当時は、25%程度といわれていたので、ま、当初の予定より多くなったということか?

 ペイオフということで、不安に思っている人いるかも。

 でも、簡単に、投資話などに飛びついたりしないように。

ペイオフ対策はこれで十分

 ペイオフの対策としては、基本的に、一般庶民は、ひとつの銀行に1000万円以上預けない。

 これで十分。

 1000万円までは、確実に還ってくるんだから。

[スポンサーリンク]

1000万円の枠の中身にご注意

 ちょっと注意が要るのは、

1、支店や口座が別でも、銀行が同じだと、合算されて1000万を越えた部分が保障されなくなる。

2、家族名義(幼児や赤ん坊の名前)で、同じ銀行に預けている場合。
 幼児などの名義で銀行口座を作っている場合、名義貸しとみなされることもあるので、注意が要る。

3.銀行の「預金」でもペイオフの対象とならないものもある。

 といったところにご注意するだけで十分。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

住信SBIネット銀行目的別円定期預金の作り方

住信SBIネット銀行目的別円定期預金の作り方

総合口座貸越(当座貸越)の上手な使い方

総合口座貸越(当座貸越)の上手な使い方

JAバンクの残高証明書の取り方
仕組み預金・高金利には理由あり

仕組み預金・高金利には理由あり

楽天銀行のセキュリティ対策はフィッシング詐欺に有効か?
楽天銀行へ手数料無料でお金を振り込み入金する方法
迂回融資っていったい何?

迂回融資っていったい何?

銀行預金は使わないでいると残金があってもお金が引き出せなくなる
東日本大震災被災者への他行預金払い戻し状況
サーモグラフィーで簡単に暗証番号が読み取られてしまうかもしれない

Menu

HOME

 TOP