購入金額別で考えよう費用になる?減価償却する?

 例えばパソコンを買ったとしよう。

 このパソコン(車でも机でもいいが)、確定申告の時には、費用となるか?それとも減価償却となるか?

[スポンサーリンク]

購入金額が10万円未満の場合

 購入金額が10万円未満の場合

  • 「費用」にしてもよい。
  • 「一括償却」にしてもOK。
  • 通常の「減価償却」でもOK。
  • 青色申告なら「少額減価償却」でもOK。

購入金額が10万円以上20万円未満の場合

 購入金額が10万円以上20万円未満の場合は

  • 「費用」にしてはだめ。
  • 「一括償却」はOK。
  • 通常の「減価償却」でもOK。
  • 青色申告なら「少額減価償却」でもOK。

購入金額が20万円以上30万円未満の場合

  • 「費用」にしてはだめ。
  • 「一括償却」もダメ。
  • 通常の「減価償却」はOK。
  • 青色申告なら「少額減価償却」でもOK。

購入金額が30万円以上の場合

  • 「費用」にしてはだめ。
  • 「一括償却」もダメ。
  • 通常の「減価償却」はOK。
  • 青色申告でも「少額減価償却」はダメ。

節税目的で選ぶ購入資産の処理

 税金を安くするなら、どの処理を選べばよいのだろうか?

購入金額が10万円未満の場合

 税金をおさえるなら費用として処理する。 

購入金額が10万円以上20万円未満の場合 

 税金をおさえるなら、青色申告なら「少額減価償却資産」、白色申告は「一括償却資産」として処理する。

購入金額が20万円以上30万円未満の場合

 青色申告なら、「少額減価償却資産」。

購入金額が30万円以上の場合 

 固定資産税が掛かるけど、通常の減価償却資産ということになる。

 なので、耐用年数と所有期間によって減価償却する。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

過去のデータから平成28年分の確定申告書等作成コーナーへ項目とデータを引き継ぐ
住民税の基礎知識

住民税の基礎知識

配当控除を受けると得になる人どんな人?

配当控除を受けると得になる人どんな人?

e-Taxの電子証明書の有効期限を確認する方法

e-Taxの電子証明書の有効期限を確認する方法

配当控除の対象となる投資信託

配当控除の対象となる投資信託

眼鏡の購入代金も医療費控除の対象となる

眼鏡の購入代金も医療費控除の対象となる

ふるさと納税と寄付金控除どうちがうどちらがとく?

ふるさと納税と寄付金控除どうちがうどちらがとく?

月の給料からの所得税は、会社の庶務課でも計算式がわからないんだって
災害被害にあった事業用資産の初年度計上と翌年度からの繰越
農業収入のある場合の確定申告「収入の考え方」

農業収入のある場合の確定申告「収入の考え方」

公社債の確定申告

公社債の確定申告

青色申告と白色申告

青色申告と白色申告

空き家を持っていると固定資産税で苦しむはめになる
株式などの売買の確定申告書等作成コーナーの入力・わかりにくい用語をメモ
白色申告でも3年間の損失の繰越ができる変動所得

白色申告でも3年間の損失の繰越ができる変動所得

Menu

HOME

 TOP