遺言は必ず守られるわけではない

 遺言したからと言って、すべてが守られるわけではない。

 法的遺留分などはその最たるものだが、ほかにも遺言が守られない場合もあるし、遺言を守る義務のない項目もある。

 今回は、遺言書の形式は有効だとして、法的に遺言が守られる項目と守る必要がないものについて。

[スポンサーリンク]

遺言を守る法的義務がある項目

 遺言に書くことで、死亡後に法律上の効果があるものは、「相続に関すること」「財産の処分に関すること」「身分に関すこと」「遺言執行者に関すること」。

相続に関すること

  • 推定相続人の廃除・取消
    相続人である人を相続人から外すことや、外した人を相続人に戻したりすること。
  • 相続分の指定・指定の委託
    相続される部分を指定したり、指定を誰かに任せること。
  • 遺産分割の方法の指定・指定の委託
    遺産分割の方法を指定したり、指定を誰かに任せること。
  • 遺産分割の禁止
    遺産分割を禁止すること。
  • 特別受益の持戻しの免除
    生前に与えた財産を相続財産に含める「持戻し」を免除すること。
  • 共同相続人の担保責任の減免・加重
  • 相続人が他の相続人に対して負担する担保責任を軽くしたり、重くしたりすること。 

財産の処分に関すること

  • 遺贈
    内縁の夫・妻や子どもの妻(嫁)、再婚の連れ子など相続権がない親族・知人・法人などに財産を渡したい場合。
  • 遺贈の減殺方法の指定
    遺贈が遺留分を侵害する場合には、遺贈は相続人から減殺される。
    そこで減殺される遺贈の順番を指定すること。

身分に関すこと

  • 信託の設定
    相続財産を信託すること。
  • 認知
    子を認知する。
  • 未成年後見人・未成年後見監督人の指定
    未成年の子に対して、後見人・未成年後見監督人を指定すること。
  • 祖先の祭祀主宰者の指定
    祖先の祭祀主宰者を指定すること。
  • 生命保険金受取人の指定
    生命保険金受取人の指定すること。

遺言に従わなくてもよいケース

 上記以外の項目は遺言されても守る義務はない。

 注意が必要なのは遺言に従う法的な義務があっても、従わなくてもよいとされるケース。

 代表的なのが「遺留分を侵害する場合」。

 ほかにあまり知られていないような気がするが、「相続人全員の合意で遺産を分割した場合」。

相続人全員の合意で遺産を分割した場合

1.遺言で遺産の分割が禁止されていないこと

2.遺言執行者が指定されている場合には、遺言執行者の職務を妨げない場合。

3.相続人全員が合意の上で遺産を分割した場合。

 以上3つの条件がそろっている場合には、これが遺言と異なっていても有効であるとされていている(さいたま地判平成14年2月7日)。 

 遺言を必ず守らせたいなら、「遺産分割を禁止する」「遺言執行者を指定しておく」必要があるってこと。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

独身の子供の遺産はどこに行く

独身の子供の遺産はどこに行く

献体なら火葬代がかからない

献体なら火葬代がかからない

遺言状があっても、最低限保障される『遺留分』って?
亡くなった人にも確定申告をする義務がある
社会福祉協議会の日常生活自立支援事業(旧地域福祉権利擁護事業)
遺産相続は二次相続以降でもめる

遺産相続は二次相続以降でもめる

介護施設入居の場合の医療費控除の確定申告
平成27年から相続税がふえる?

平成27年から相続税がふえる?

婚外子(非嫡出子)も嫡出子と同じ遺産相続の権利がある
特別方式による遺言書ってどんなもの?
老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?
老後のお金の管理を考えよう

老後のお金の管理を考えよう

相続人が痴呆老人や判断能力のない人の場合
法定相続人ってどこまでの親族?

法定相続人ってどこまでの親族?

働いていると老齢年金が減らされる?

Menu

HOME

 TOP