スポンサーリンク

モラハラ父から母を脱出させた日

 母をモラハラ父のいる自宅から施設に収容した日、父は自宅の庭で作業をしていた。

 おいらと母と支援センターの職員の人が車に乗って出て行くのをばっちり見ていた。

 が、病院へでも連れて行くと思ったのか、何も言わなかった。

 「怖そうなお父さんだよね。『俺の女房をどこに連れて行く』とつかみかかれるかとどきどきしたよ」とは支援センターの職員の人の言だ。

 その後、母は施設へ。

 おいらは市の福祉課へ状況の説明に行った。

市の福祉課では

 市の福祉課の窓口に行ったが、あいにくと「高齢者虐待」の係りの人が本日は休み。

 代わりの人が状況を聞いて、メモを取ってくれた。

怒声罵声・父からの電話

 市の福祉課のあとは、日用品の買い物。

 紙パンツやらパジャマやらを買い、そうこうしているうちに夕方になった。

 おいらの携帯電話が鳴る・・・。

 来た!父からだ。

 以下、そのときの内容。

父:「○○(妻の名前)をどこにやった。」

おいら:「あなたが施設に行けと言っていたので、施設に入ってもらいました」

父:「もう帰ってこないのか?」

おいら:「具合が良くなるまでは帰れません」

父:「施設の場所を言え!」

おいら:「今はいえません」

父:「何だと!そんなことが許されると思っているのか!」

 おいら電話を切る。

 数秒後サイド電話が鳴る。

 当然父からだ。

父:「警察に行く」

おいら:「どうぞご自由に」

 ぶちっと電話が切れる。

 数秒後サイド電話が鳴る。

父:「裁判をする」

おいら:「好きにしてください」

 ぶちっと電話が切れる。

 数秒後サイド電話が鳴る。

父:「お前が来て家族がばらばらになった。どうしてくれる!」

 ぶちっと電話が切れる。

 数秒後サイド電話が鳴る。

父:「このやろう!このやろう!」「会社にいられなくしてやる」「家を売った!」「もう、この家はおしまいだ」等々、罵声が続く。

 このくりかえし。

 「家を売った」がどういう意味かわからないけど。

 「家を売ったからお前の居場所はないぞ」といいたいのか、はたまた「妻の帰ってくる場所はないぞ」といいたいのか・・・。

 さっぱりわからない。

 おいらは「母は体が良くなるまで家には帰れない。」といっているだけなのに・・・。

 そうしてここまで、飛躍するんだ???

 モラハラ夫の考えることはおいらの理解を超えていた・・・。

シェアする

フォローする