ふるさと納税と寄付金控除どうちがうどちらがとく?

 最近流行のふるさと納税。

 お得感があると評判だが、ふるさと納税も寄付金のひとつ。

 では、ふるさと納税と寄付金どこがどう違う?

 どちらが得になる?

[スポンサーリンク]

ふるさと納税と寄付金どこが違う?

 ふるさと納税も寄付金のひとつだけど、ふるさと納税と通常の寄付金とはちょっと違う。

ふるさと納税とは?

 ふるさと納税は、「地方自治体への寄付」のこと。

 地方自治体というのは「都道府県・市町村区」を指す。

 地方自治体以外への寄付金はふるさと納税ではなく、単なる寄付。

ふるさと納税のほうが普通の寄付金よりお得

 ふるさと納税の場合は控除の上限額はあるが『(寄付額-2000)円』が所得税・住民税から控除される。

 要するに、実質的な寄付金額は2000円。

 地方自治体によっては「ふるさと納税のお礼」をもらえる場合があって、「ふるさと納税のお礼の品が2000円以上であれば得になる」ということ。

 控除額が同じでも、「お礼」の分だけふるさと納税したほうがほかの寄付より得になる。

ふるさと納税にも限度がある

 ふるさと納税がいくら得だといっても限度というものがある。

 ふるさと納税の得する限度は、所得やら、その他の控除やらによって違ってくる。

 例えば

 一人暮らし(扶養等の控除なし)年収500万円の人の場合、5万円ふるさと納税すると実際の自己負担は2000円ですむ。
 が、10万円ふるさと納税した場合は実際の自己負担は29094円となる。

 扶養家族などがいるとか、ほかの控除がある場合、自己負担2000円ですむふるさと納税の額は、もっと少なくなる。

*ふるさと納税の自己負担額を計算してみたい人はこちら

 

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

配当金の確定申告は得か損か?

配当金の確定申告は得か損か?

眼鏡の購入代金も医療費控除の対象となる

眼鏡の購入代金も医療費控除の対象となる

医療費控除をあきらめるな!あなたも対象になるかもしれない
災害による費用を確定申告で繰越できるケース

災害による費用を確定申告で繰越できるケース

収支内訳書の減価償却の入力の仕方-確定申告書等作成コーナー
月給から差し引かれる所得税の計算は結構いい加減
住宅ローンがある人は住宅ローン控除で税金を取りもどそう
災害や犯罪被害を受けたら雑損控除

災害や犯罪被害を受けたら雑損控除

青色申告控除のつけられ方/不動産所得と事業所得がある場合
配当控除を受けると得になる人どんな人?

配当控除を受けると得になる人どんな人?

介護施設入居の場合の医療費控除の確定申告
電子納税e-Taxの必要品と電子証明の取り方

電子納税e-Taxの必要品と電子証明の取り方

農業用収支内訳書の家事消費や事業消費金額の考え方

農業用収支内訳書の家事消費や事業消費金額の考え方

農業用収支内訳書の収入を記入しよう

農業用収支内訳書の収入を記入しよう

公的年金等の源泉徴収票の社会保険料の金額のなぞ

公的年金等の源泉徴収票の社会保険料の金額のなぞ

Menu

HOME

 TOP