トイレの水がちょろちょろといつまでも流れるときの対処法

 トイレの節水は難しい。

 トイレタンクの水の容量は、もともと、汚物がきちんと配水管から流れるだけの分量に設計されている。

 なので、無理に節水すると、配水管のトラブルが起きたりする。

[スポンサーリンク]

自分でできるトイレの節水対策は?

 トイレの場合無理に節水すると、配水管のトラブルが起きたりする。

 でも、『水がいつまでもちょろちょろと流れてくる』なんてのは、対処すれば、自分でも対処できる。

 ほんのちょっとの水と思うなかれ、一日中水が流れていれば、馬鹿にならない量になる。

 水道代もかかる。

 トイレの節水というのなら、まずは、この『いつまでもちょろちょろと流れるトイレの水』とどうにかするのが一番。

水洗トイレ構造を知ろう

 この、『トイレの水がいつまでもちょろちょろと流れている』状態、原因は、ボールタップ(浮き球)かフロートバルブか、あるいはその両方。

 トイレの構造をごらんいただくと↓

トイレの構造
 ボールタップの役割はトイレタンク内の水位の調整。

 フロートバルブのほうは、トイレのレバーを押すと、フロートバルブがタンクの流出口から離れトイレに水が流れる。

 トイレの水が減ると、ボールタップが下がり、ボールタップにつながれた、フロートバルブがタンクの流出口をふさぐことで、トイレタンク内に水がたまる。

トイレの水がちょろちょろといつまでも流れてくる原因

  • ボールタップ(浮き球)の破損
  • フロートバルブの劣化
  • フロートバルブとタンクの流出口にごみなどの異物が挟まっている
  • ボールタップがフロートバルブをつないでいる鎖に絡まっている
  • ボールタップがフロートバルブをつないでいる鎖が切れている
  • ボールタップ(浮き球)を固定しているねじが緩んでいる、外れている

 ということで、原因を取り除くなり、部品の交換をするなりすれば、トイレのちょろちょろは改善される。

トイレの水がちょろちょろといつまでも流れて来るときの対処法

1、トイレ内の止水栓を閉める(マイナスドライバーで操作するものが多い)

2、ボールタップ(浮き球)の破損に破損がないか、フロートバルブとタンクの流出口にごみなどの異物が挟まっていないか、ボールタップがフロートバルブをつないでいる鎖に絡まっていないか、フロートバルブが劣化していないかを確認。

3、トイレタンクのふたを開ける。

4、それぞれの原因にあわせた対処を行う。

  1. フロートバルブとタンクの流出口にごみなどの異物が挟まっている→異物を取り除く。
  2. ボールタップがフロートバルブをつないでいる鎖に絡まっている→ボールタップの位置を直す。
  3. 上記以外の場合で特に、破損劣化などが見られない場合→ボールタップ(浮き球)を固定している棒のねじを締める

 このぐらいまでは、まあ、誰でもできる。

 必要なのは、マイナスドライバーくらいのもの。

 トイレのちょろちょろ水で、水道代を払うなんて、それこそ無駄。

 この程度のことで、業者を頼むのもお金の無駄。

 自分で修理してみてはどうかな?

 ちなみに、ボールタップやフロートバルブが破損していた場合も、部品さえきちんとそろえることができれば、自分で修理できる。

 そのときは、型番などをきちんと調べて、合うものを使うように。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

モラハラ虐待から逃れるための心得
トイレの節水は難しい

トイレの節水は難しい

お年玉のタブー知らないととんでもないことになるかも
モラハラ親父との対決中
割り箸・小枝や松かさで炭を作って消臭剤を節約
ダンボールコンポストの経済性

ダンボールコンポストの経済性

軽自動車の名義変更
noimage
ダンボールコンポストで生ごみ臭から開放されたよ
モラハラ被害の相談窓口

モラハラ被害の相談窓口

ガス漏れ警報機の警告音の際の対処の仕方

Menu

HOME

 TOP