地代家賃の仕分けってどうするのが簡単?

 今回は青色申告のための複式帳簿の仕訳けの中で、事務所費用などを経費として計上するときの話をおひとつ。

 いろいろな仕訳けの仕方があるようだけど、簡単なのはどんな方法かな?

[スポンサーリンク]

自宅だって事務所です

 例えばアパートに住んでるけど、住んでるアパートで仕事をしてる。

 なんて場合。

 住んでるアパートで仕事をしてるんだから、立派に事務所といって差し支えない。

 でも、生活の場でもあるので、仕事場と生活の場であるアパート代の全額を経費として計上できるわけではないけど。

 仕事として使ってる面積とか時間とかで計算して経費として計上すればOK。

 この場合、「地代家賃」という項目になる。

事務所の家賃が前払いの場合

 たいていの家賃は「前月の終わりに、次の月の家賃を払う。」って形が多いと思う。

 この場合の仕訳けは「前払費用」という勘定項目を使う。

 3/31に4月分の家賃を払ったら、「借方」=「前払費用」、「貸方」=「預金とか現金とか」。

 そして、4月に「借方」=「地代家賃」、「貸方」=「前払費用」。

複式帳簿-前払い家賃の仕訳

[複式帳簿-前払い家賃の仕訳]

前払金と前払費用の違い

 前払金と前払費用。

 似たり寄ったりのこの二つ。

 が、使い方は違うらしい。

  • 前払費用は「継続的な契約に関して、前払いしたもの」
  • 前払金は「一時的な支払いを前払いしたもの」

前払費用

前払費用=損害保険(自動車保険など)、保証料、サポートサービス、ドメイン・レンタルサーバー代、長期契約の家賃など。

前払金

前払金=仕入れに伴う手付金・申込金・予約金・内金、継続性のない契約、前払費用に含まれない先払い金。

事務所と生活の場が兼用の場合の簡単な仕訳

 生活の場が事務所を兼用している場合、必要経費に全ての家賃を計上するわけには行かない。

 この場合は、こんなやり方が簡単かも。

  1. 毎月の家賃をまず計上する。
  2. 年末に「事業主貸」として生活に使った分を差し引く。

 例えば、家賃が50000円/月で、事業用に30%使っている場合は、生活上使っているのは70%。

 なので、年度末に生活上に利用している家賃分を「事業主貸」として生活に使った分を差し引く。

複式帳簿-前払い家賃-按分30%の仕訳

[複式帳簿-前払い家賃-按分30%の仕訳]

 

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

青色申告控除のつけられ方/不動産所得と事業所得がある場合
白色申告でも3年間の損失の繰越ができる変動所得

白色申告でも3年間の損失の繰越ができる変動所得

災害被害にあった事業用資産の初年度計上と翌年度からの繰越
月給から差し引かれる所得税の計算は結構いい加減
収支内訳書の所得による選択のしかた-確定申告書等作成コーナー
H28年分配当金控除の確定申告書等作作成コーナーでの入力-必要書類と課税方法の選択
前年度の未払い金、売掛金、期首の処理はどうする?

前年度の未払い金、売掛金、期首の処理はどうする?

マイナンバーとH28年分確定申告書等作成コーナー

マイナンバーとH28年分確定申告書等作成コーナー

減価償却資産の耐用年数の参照をする-確定申告書等作成コーナー収支内訳書の作成
公的年金等の源泉徴収票の見方

公的年金等の源泉徴収票の見方

確定申告書等作成コーナーで作ることができる申告書と追加機能
株式などの売買の確定申告書等作成コーナーの入力・わかりにくい用語をメモ
「退職所得の需給に関する申告書」を出さないと退職金に余分な税金がかかる
アルバイトしているサラリーマンで確定申告しなくてもいい人
ふるさと納税と寄付金控除どうちがうどちらがとく?

ふるさと納税と寄付金控除どうちがうどちらがとく?

Menu

HOME

 TOP