通訳案内士は使える資格か?

 使える資格についての記事をネット上で見つけたので皆さんにも内容をご紹介したい。

 今回は通訳案内士について。

[スポンサーリンク]

通訳案内士

仕事内容

通訳案内士は、日本を訪れる外国人観光客に対して、日本の観光地や文化を案内したり、旅行中のサポートをする仕事。

 この資格がなく外国人に案内業務をした場合、たとえアルバイトであったとしても報酬が発生すると罰則の対象となる。

 受験できる言語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語の10カ国。

資格ランク

国家資格

受験資格要件

なし

試験の内容

一次試験

外国語の記述試験

日本語は、地理・歴史・一般常識マークシート方式

二次試験

面接による、口述試験

難易度

高い。

 英検1級並みの英語力+日本海外の歴史や社会環境などを理解している必要がある。

就業先や就業形態

旅行代理店や日本観光通訳協会などに登録し、仕事を紹介してもらう。

給与や報酬

日当1万円~3万円程度

問題点

 現在はフリーの通訳案内士に依頼できる絶対的な仕事量が足りない。

 ただし、今後企業などでも海外取引などに需要が出てくる可能性がある。

詳細情報

日本政府観光局

通訳案内士の資格についてのまとめ

 外国語が得意な人はもっているといろいろな業種で利用できる資格かもしれない。

 フリーで稼ぐには営業能力も必要かも。

 うまくすれば副業でフリーランス。

 なんてのもありかもしれない。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

記事がありません

Menu

HOME

 TOP