雇用保険の保険料率

 雇用保険の保険料は、やはり会社と労働者の折半。

 雇用保険の料金は、賃金に以下の料率をかけた金額となる。

 端数の扱いについては、労使の話し合いで決まる場合がある。

 また、雇用保険の特別加入者は別の料率がある。

雇用保険率表(平成22年4月1日改定)-

 事業の種類労使全体の保険率 事業主負担率 被保険者負担率 
 一般の事業 15.5/1000 9.5/1000 6/1000
 農林水産清酒製造の事業 17.5/1000 10.5/1000 7/1000
 建設の事業 18.5/1000 11.5/1000 7/1000

 たとえば、一般の事業の場合、給料の総支給額×0.006
となる。

 つきの総支給額が30万円の場合、雇用保険料は1800円。

 年間でも雇用保険の保険料は、21、600円。

 雇用保険料の料率があがり、失業保険の給付金額は下がっている傾向はある。

 が、それにしても、厚生年金・健康保険などに比べると、大変お得な公的保険である。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

賃貸マンション・アパートに入居してる人の地震保険

noimage
noimage

ディスカウント債/ディスカウント外債

noimage

マネックス証券の入出金方法

noimage
noimage

去年のドリームジャンボ宝くじ・今すぐ確認

noimage

住信SBIネット銀行冬の定期預金金利

noimage

脳タイプ別貯蓄法とは?

noimage

全国銀行個人信用情報センターってどんなところ?

noimage
noimage

労災の療養補償給付って、どんなもの?

国民健康保険と全国健康保険協会の健康保険の給付内容の違い
noimage

サラリーマンの必要経費・特定支出控除改正

血液型が合わなくとも実の親子である可能性がある

血液型が合わなくとも実の親子である可能性がある

noimage

じぶん銀行・給与振込口座指定キャンペーン

Menu

HOME

 TOP