雇用保険の保険料率

 雇用保険の保険料は、やはり会社と労働者の折半。

 雇用保険の料金は、賃金に以下の料率をかけた金額となる。

 端数の扱いについては、労使の話し合いで決まる場合がある。

 また、雇用保険の特別加入者は別の料率がある。

雇用保険率表(平成22年4月1日改定)-

 事業の種類労使全体の保険率 事業主負担率 被保険者負担率 
 一般の事業 15.5/1000 9.5/1000 6/1000
 農林水産清酒製造の事業 17.5/1000 10.5/1000 7/1000
 建設の事業 18.5/1000 11.5/1000 7/1000

 たとえば、一般の事業の場合、給料の総支給額×0.006
となる。

 つきの総支給額が30万円の場合、雇用保険料は1800円。

 年間でも雇用保険の保険料は、21、600円。

 雇用保険料の料率があがり、失業保険の給付金額は下がっている傾向はある。

 が、それにしても、厚生年金・健康保険などに比べると、大変お得な公的保険である。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

利付国庫債券(5年)(第106回)募集開始

noimage

お金のたまらない節約術

noimage
noimage

SBI証券のセキュリティ対策「PC登録あんしんサービス」

noimage

外国人技能実習生の賃金って決められているのかな?

noimage

出産一時金について

noimage

ブラック企業に就職しないためのチェックポイント

noimage
noimage

外貨建てMMFは外貨預金より使いやすい

noimage
noimage

銀行預金はインフレに弱いは本当か?

noimage
GDP(国内総生産)っていったい何?

GDP(国内総生産)っていったい何?

noimage

クレジットカードを整理しました

noimage

Menu

HOME

 TOP