スポンサーリンク

国民健康保険が使えない場合もある

? 国民健康保険証で病院などにかかると、自己負担は3割で済む。

 が、病院にかかったからといって、すべて国民健康保険が使えるわけでもない。

 てなわけで、国民健康保険証が使えない場合を見てみよう。

国民健康保険証が使えない場合

・美容整形、健康診断、予防接種

・正常分娩、経済上の理由による人工中絶

・仕事上のけがや病気、労災保険の対象になる場合

・歯科材料費(金合金等)

・人間ドック  

国民健康保険の給付が制限されるとき

・故意の犯罪行為や故意のケガ(自殺など)

・けんかや泥酔による病気やケガ

・医師や保険者の指示に従わなかったとき
 

*市町村によって対応が違うようなので、詳しくは各市町村に問い合わせのこと。

 

 交通事故に関しては、基本的には、事故の加害者が治療費を払うことになるのだが、加害者が医療費を払えない場合は、国民健康保険の適応になる(ただし、医療機関によっては、いったん全額自己負担になる場合もあり、その場合は、国民健康保険に手続きすると差額が戻ってくる)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする