国民健康保険が使えない場合もある

? 国民健康保険証で病院などにかかると、自己負担は3割で済む。

 が、病院にかかったからといって、すべて国民健康保険が使えるわけでもない。

 てなわけで、国民健康保険証が使えない場合を見てみよう。

国民健康保険証が使えない場合

・美容整形、健康診断、予防接種

・正常分娩、経済上の理由による人工中絶

・仕事上のけがや病気、労災保険の対象になる場合

・歯科材料費(金合金等)

・人間ドック  

国民健康保険の給付が制限されるとき

・故意の犯罪行為や故意のケガ(自殺など)

・けんかや泥酔による病気やケガ

・医師や保険者の指示に従わなかったとき
 

*市町村によって対応が違うようなので、詳しくは各市町村に問い合わせのこと。

 

 交通事故に関しては、基本的には、事故の加害者が治療費を払うことになるのだが、加害者が医療費を払えない場合は、国民健康保険の適応になる(ただし、医療機関によっては、いったん全額自己負担になる場合もあり、その場合は、国民健康保険に手続きすると差額が戻ってくる)。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

個人信用情報センター・CICの役割

noimage

Amazonで、Suicaが使えるようになった

noimage
noimage
noimage
自動車の盗難防止装置

自動車の盗難防止装置

noimage

全国の労金でも、個人型確定拠出年金を取り扱っている

noimage

WAONポイントに交換できる他社のポイントの交換レート

noimage

確定拠出年金の運用機関・保険会社編

noimage

クレジットカードを利用した場合の仕訳け

noimage

住信SBIネット銀行年金受け取り開始キャンペーン

noimage

預金保護(ペイオフ)制度とはどんなもの

noimage

確定拠出年金を利用できない人

noimage

銀行の定期金利はどうやって決まる?

noimage

確定拠出年金の運用機関・証券会社

Menu

HOME

 TOP