健康保険の任意継続

 健康保険は会社に勤めているときは、規定の保険料率で保険料は会社と労働者の折半。

 サラリーマンの健康保険の保険料率はこちら

 会社を辞めると、国民健康保険か任意継続の保険に入ることになる。

 国民健康保険料は、市町村によって算定の用件や率が大きく違う。

 では、任意継続の場合はどうなるか?

 健康保険の任意継続のメリット

・原則として、勤めていたときと同じ給付を受けることができる。

 任意継続のデメリット

・保険料は全額個人の負担(ただし、月額報酬の上限はある→28万円まで。前納割引もある)

 任意継続の条件

・被保険者期間が2ヶ月以上ある。

・退職日から「20日以内」に申請すること(申請は、自宅住所地を管轄する全国健康保険協会の都道府県支部

・任意継続の期間は2年間。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

高額の外来診療費の支払方法が変わる

noimage

香川銀行インターネット支店・7月の定期預金金利

noimage

NISA(ニーサ)ってなニーサ?

noimage

1年もの定期金利預金比較・2012年9月

noimage

みずほ銀行ATM休止・6月29日から7月1日まで

noimage

被災者生活再建支援法による自然災害被害者への援助

noimage
noimage

歩道での自転車通行がOKになる条件と違反時の罰金

noimage

同じ投資信託でも、販売手数料は証券会社などで違う

noimage

来年青色申告してみたい人の参考書

noimage

住民税を払わないとどうなる?

noimage
noimage
noimage

保険料控除が今年から変わるよ

noimage

電気代も上がる、東京電力の社員の給料も上がる

Menu

HOME

 TOP