健康保険の任意継続

 健康保険は会社に勤めているときは、規定の保険料率で保険料は会社と労働者の折半。

 サラリーマンの健康保険の保険料率はこちら

 会社を辞めると、国民健康保険か任意継続の保険に入ることになる。

 国民健康保険料は、市町村によって算定の用件や率が大きく違う。

 では、任意継続の場合はどうなるか?

 健康保険の任意継続のメリット

・原則として、勤めていたときと同じ給付を受けることができる。

 任意継続のデメリット

・保険料は全額個人の負担(ただし、月額報酬の上限はある→28万円まで。前納割引もある)

 任意継続の条件

・被保険者期間が2ヶ月以上ある。

・退職日から「20日以内」に申請すること(申請は、自宅住所地を管轄する全国健康保険協会の都道府県支部

・任意継続の期間は2年間。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

健康保険の種類って、いったい何種類あるの?

noimage
noimage

期末残と期首残の考え方

noimage

財形制度の欠点

noimage

WAONポイントに交換できる他社のポイントの交換レート

noimage
noimage
noimage

個人型確定拠出年金の掛け金の引き落としができる銀行

noimage

SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン

noimage
noimage
noimage
noimage

セブン銀行のATMにスキミング装置

noimage

里親制度と支給・公費負担

noimage

個人向け国債ただいま販売中

Menu

HOME

 TOP