年金にも所得税はかかるのだ

 年金収入は所得税上は雑所得だ。

 不動産収入・農業収入・給料・事業所得以外の所得も雑所得。

 でも、ほかの雑所得と違い公的年金には、控除が付く。

 ちなみに、私的年金には控除は無い。

 また、他の雑所得にも控除は無いが必要経費は認められる。

[スポンサーリンク]

公的年金とは?

  • 国民年金
  • 厚生年金
  • 共済年金
  • 恩給
  • 企業年金
  • 国民年金基金
  • 付加年金など

公的年金の所得税控除額

年令年間の年金額控除額
65才未満 70万円以下 全額
 70万円超~130万円未満 70万円
 130万円以上~410万円未満 年金額×25%+37万5千円
 410万円以上~770万円未満 年金額×15%+78万5千円
 770万円以上 年金額×5%+155万5千円
65才以上 120万円以下 全額
 120万円超~330万円未満 120万円
 330万円以上~410万円未満 年金額×25%+37万5千円
 410万円以上~770万円未満 年金額×15%+78万5千円
 770万円以上 年金額×5%+155万5千円

65歳未満なら108万円・65歳以上なら158万円より年金額が多いと所得税がかかる

 上記の表でもわかるように、65歳未満の人の公的年金は70万円まで全額控除されるので所得税がかからない。

 65歳以上の人の公的年金は120万円まで全額控除されるので所得税がかからない。

 公的年金以外に収入が無ければ基礎控除の分も控除されるので、65歳未満では70万円+基礎控除38万円=年金額が108万円越えた時点で所得税がかかってくる。

 65歳以上では120万円+基礎控除38万円=158万円を越えた時点で、所得法上の税金がかかる。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

年金保険料と年金給付のバランスが取れるのはどの年代まで?
減価償却のひとつ一括償却になる資産ってどれ?

減価償却のひとつ一括償却になる資産ってどれ?

老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?
自動車税は業務用のほうがはるかに安い

自動車税は業務用のほうがはるかに安い

年金相談窓口
障害年金の手続き

障害年金の手続き

国民年金保険料の納付猶予

国民年金保険料の納付猶予

青色申告と白色申告

青色申告と白色申告

通勤手当は一定額までは非課税

通勤手当は一定額までは非課税

e-Taxの電子証明書の有効期限を確認する方法

e-Taxの電子証明書の有効期限を確認する方法

農家の確定申告、白色申告の場合どんな書類が必要?

農家の確定申告、白色申告の場合どんな書類が必要?

公的年金等の源泉徴収票の見方

公的年金等の源泉徴収票の見方

地代家賃の仕分けってどうするのが簡単?

地代家賃の仕分けってどうするのが簡単?

復興特別住民税・増税率25%の大増税

復興特別住民税・増税率25%の大増税

青色申告すると住民税も安くなる可能性があるが

青色申告すると住民税も安くなる可能性があるが

Menu

HOME

 TOP