全労災の自然災害補償付火災共済-地震・雪害など広く保障する

地震保険に近い地震を含む災害に対応した共済としては、全労災の自然災害補償付火災共済ってのがある。

 他にもJAの共済などもあるが、今回は、全労災の自然災害補償付火災共済について。

[スポンサーリンク]

全労災の自然災害補償付火災共済の概要

・火災共済とセット加入する。

・火災のときの最高補償額が6000万

・風水害の時の最高補償額が標準タイプで3000万・大型タイプで4500万。

・地震による損壊時の最高補償額、標準で1200万・大型タイプで1800万。

・盗難とか、障害の保障がついている。

・住宅の構造や広さ、所在地や家族の人数、世帯主の年齢等で掛け金は違う。

   掛け金の簡易計算はこちら

 全労災の自然災害補償付火災共済の特徴

 火災等による損害は被害にあったときの時価額ではなく、同程度のものを新たに購入・修復するために必要な再取得価額(全労済が定めた標準的な価格)で保障。

 損害保険会社の地震保険との違いは、『共済破綻の時の国の保証が無い』『最高補償額が地震保険より少ない』『保障が再取得価格である』といった点。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

入院給付金は税金を払うのか?

入院給付金は税金を払うのか?

夫の生命保険料の支払いは夫の親で保険金の受取人が妻
生命保険などの死亡時保険金は契約関係で税金が相当違う
JAの建物更生共済-補償範囲が広く、保障金額も高い、災害保険
違反としたほうが自動車保険は得になる
自賠責保険も適応されない交通事故の保障はどうなる?
自転車の保険「TSマーク付帯保険」
地震保険と火災保険、保険料は合わせて幾ら?
noimage
障害年金と民間保険の後遺障害補償を比較してみよう
JCA日本サイクリング協会の自動加入自転車保険
保険会社が破綻した場合の保護制度・保険契約者保護機構
簡保の生命保険、受取人を指定するとどうなる?
地震補償保険は単独加入・被災後の引越し費用にも使える
自動車保険の等級制度は小さな修理で保険を使うと損することも

Menu

HOME

 TOP