安全性の高い投資信託MMFとMRF

 投資信託の中で、安全性の非常に高いのがMMFとMRF。

 MMFとMRFについてどんなものかご紹介。

[スポンサーリンク]

MMFとMRFの安全性

 円建てのMRFは今まで、元本われが出たことはない。

 円建てMMFの場合、過去に1回だけ、元本われが生じているが、この、元本われの生じたMMF、他の証券会社が設定した利回りより、異常に高い利回り だったと言ういわくありの代物。

 どちらも基本的に、安全性は高い。

 1円単位から入金が可能だが、ネット証券では、設定販売していない証券会社も多い。

MMFはどんな投資信託?

 公共債型投資信託の一種。

 MMFはマネーマネジメントファンド(Money Management Fund)を略したもの。

 MMFには、円建てと外貨建てのものがある。

 感覚としては、MMFは銀行で言う定期預金。

 MMFは一般銀行の定期預金より高い利回りが得られる場合が多い。

 MMFの特徴

  • 銀行の一般的な定期預金と違って預金保険(預金保護・ペイオフ)の対象にはならない。
  • 日本国債・普通社債(公社債)と、コマーシャルペーパーや無担保コール、譲渡性預金で運用される。
  • 毎日決算される。
  • 預け入れ後1ヶ月間は、基本的に解約できない。
  • 基本的に安全性は高いが元本われの危険性はある。
  • 円建てMMFは購入手数料や解約手数料が無料。

MRFはどんな投資信託?

 公共債型投資信託の一種。

 MMFが証券会社版の定期預金なら、MRFは普通預金といった感じ。

  MRFも一般銀行の普通預金より利回りは高い。

  MRFはマネー・リザーブ・ファンドの略で基本的に証券会社の金融商品の購入目的や解約・出金目的に使われる。。

 MMF同様公共債型投資信託の一種。

MRFの特徴

  • 非常に換金性・流動性の高い。
  • 信用度の高い日本国債などの短期債券を投資対象とする。
  • 運用期間は1日で、毎日決算が行われて残高に応じて分配金が支払われ、1日単位で自動継続される。
  • MRFの裏付けとなる運用資産に損失が発生していなければ顧客毎のMRF残高は目減りすることは無い。
  • 預金保険(預金保護・ペイオフ)の対象にはならない。
  • 購入手数料や解約手数料が無料。

MMFとMRFの購入は証券会社だが

 MMFやMRFを購入したい場合は証券会社で購入する。

 ただし、最近の証券会社の中にはMRFの取り扱いを行っていない証券会社もある。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

株や投資信託は口座種類によって確定申告が必要
銀行によって外貨預金の手数料が大きく違う
投資信託の基準価額ってどういうもの?高いほうがいい?低いほうがいい?
日経平均株価とTOPIXって具体的にどう違う
NISA(日本版ISA:少額投資非課税制度)と特定口座・確定拠出年金の違い
外貨MMFと外貨預金どちらがとくか比べてみよう
NISAで購入した投資信託の分配金は課税?非課税?
投資信託がどんなものなのか知っておこう

投資信託がどんなものなのか知っておこう

カブドットコム証券なら毎日定額購入で投資信託を購入できる
為替ヘッジあり・なしと投資信託

為替ヘッジあり・なしと投資信託

Menu

HOME

 TOP