配当控除の対象となる投資信託

 投資信託の配当金も場合によっては配当控除などの対象となる。

 投資信託の配当金が配当控除の対象となるかどうかは、『外貨建て資産割合』と『非株式割合』によって違う。

[スポンサーリンク]

株式投資信託収益分配金の配当控除率

  • 『外貨建て資産割合』75%、『非株式割合』75%以下の場合
    ⇒配当控除の該当となる。
  • 『外貨建て資産割合』『非株式割合』のいずれかが75%以上の場合
    ⇒配当控除の対象とならない。

『外貨建て資産割合』『非株式割合』は支払い通知書のどこに記載されている?

 確定申告の配当控除の欄にある『外貨建て資産割合』『非株式割合』。

 『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄に『外貨建て資産割合』『非株式割合』の記載があるので、その%をみながら記載する。

 ただ、『外貨建て資産割合』『非株式割合』が75%以上の場合は、%が記載されていない。

 では、どんな風に記載されているか?

『外貨建て資産割合』『非株式割合』75%以上の場合の『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄記載

  • 『外貨建て資産割合』が75%以上の場合の『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄
    ⇒『外貨建て資産割合』 制限なし
  • 『非株式割合』が75%以上の場合の『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄
    ⇒『非株式割合』 約款指定なし

 というわけで、証券会社から送られてくる『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄で、『外貨建て資産割合』に「制限なし」、『非株式割合』に「約款指定なし」、とかかれていたら、残念ながら配当控除は受けられません。

 対象となる配当を受け取っている人は、配当控除を受けたほうが得になるケースがあるので、忘れずに配当控除を受けてね。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

眼鏡の購入代金も医療費控除の対象となる

眼鏡の購入代金も医療費控除の対象となる

サラリーマンで確定申告が必要なケース

サラリーマンで確定申告が必要なケース

H28年分確定申告書等作成コーナーのデータを一時的に保存する
株で損したら確定申告で得しよう

株で損したら確定申告で得しよう

e-Taxの電子証明書の有効期限を確認する方法

e-Taxの電子証明書の有効期限を確認する方法

青色申告控除のつけられ方/不動産所得と事業所得がある場合
過去のデータから平成28年分の確定申告書等作成コーナーへ項目とデータを引き継ぐ
医療費控除をあきらめるな!あなたも対象になるかもしれない
医療費控除の対象となるものは意外なほど沢山ある

医療費控除の対象となるものは意外なほど沢山ある

同居の範囲と「生計を一にする」について

同居の範囲と「生計を一にする」について

年末調整で住宅ローン減税を受けるためには?

年末調整で住宅ローン減税を受けるためには?

修繕費とするべきか?資産として減価償却すべきか?

修繕費とするべきか?資産として減価償却すべきか?

収支内訳書の所得による選択のしかた-確定申告書等作成コーナー
公的年金等の源泉徴収票の社会保険料の金額のなぞ

公的年金等の源泉徴収票の社会保険料の金額のなぞ

所得税上の所得はゼロでも住民税上の所得はゼロにならない

Menu

HOME

 TOP