配当控除の対象となる投資信託

 投資信託の配当金も場合によっては配当控除などの対象となる。

 投資信託の配当金が配当控除の対象となるかどうかは、『外貨建て資産割合』と『非株式割合』によって違う。

[スポンサーリンク]

株式投資信託収益分配金の配当控除率

  • 『外貨建て資産割合』75%、『非株式割合』75%以下の場合
    ⇒配当控除の該当となる。
  • 『外貨建て資産割合』『非株式割合』のいずれかが75%以上の場合
    ⇒配当控除の対象とならない。

『外貨建て資産割合』『非株式割合』は支払い通知書のどこに記載されている?

 確定申告の配当控除の欄にある『外貨建て資産割合』『非株式割合』。

 『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄に『外貨建て資産割合』『非株式割合』の記載があるので、その%をみながら記載する。

 ただ、『外貨建て資産割合』『非株式割合』が75%以上の場合は、%が記載されていない。

 では、どんな風に記載されているか?

『外貨建て資産割合』『非株式割合』75%以上の場合の『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄記載

  • 『外貨建て資産割合』が75%以上の場合の『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄
    ⇒『外貨建て資産割合』 制限なし
  • 『非株式割合』が75%以上の場合の『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄
    ⇒『非株式割合』 約款指定なし

 というわけで、証券会社から送られてくる『上場株式配当等の支払い通知書』の『備考』欄で、『外貨建て資産割合』に「制限なし」、『非株式割合』に「約款指定なし」、とかかれていたら、残念ながら配当控除は受けられません。

 対象となる配当を受け取っている人は、配当控除を受けたほうが得になるケースがあるので、忘れずに配当控除を受けてね。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

分離課税で株と配当金の損益を通算する場合の確定申告書等作成コーナーでの入力
自動車税は業務用のほうがはるかに安い

自動車税は業務用のほうがはるかに安い

通勤手当は一定額までは非課税

通勤手当は一定額までは非課税

電子納税e-Taxの必要品と電子証明の取り方

電子納税e-Taxの必要品と電子証明の取り方

医療費控除の対象となるものは意外なほど沢山ある

医療費控除の対象となるものは意外なほど沢山ある

住民税がかからない収入って何がある?
災害後は確定申告で節税しよう

災害後は確定申告で節税しよう

税金のかからない所得ってどんなもの?

税金のかからない所得ってどんなもの?

H28年分確定申告書等作成コーナーのデータを一時的に保存する
複式帳簿の収入の基準日アパートマンションオーナーの場合
購入金額別で考えよう費用になる?減価償却する?

購入金額別で考えよう費用になる?減価償却する?

医療保険と確定申告と高額療養費の関係は?
前年度の未払い金、売掛金、期首の処理はどうする?

前年度の未払い金、売掛金、期首の処理はどうする?

株式の配当と確定申告

株式の配当と確定申告

災害や犯罪被害を受けたら雑損控除

災害や犯罪被害を受けたら雑損控除

Menu

HOME

 TOP