書き損じ年賀状・余った年賀状の交換

 書き損じた年賀状、あるいは、たくさん買ってしまって余ってしまった年賀状。

 さてどうする?

 現金にはできないが、同じ額の切手やはがきに交換できる。

 ただし、手数料が必要なケースと必要でないケースがある。

書き損じ年賀状・余った年賀状の交換

・年賀状交換の条件
⇒料額印面(料金を表す部分)に汚染がない年賀状。

・手数料
⇒5円。

・交換できる期間
⇒周年。

・交換できるもの
⇒通常切手、通常のはがき、郵便書簡、レターパック封筒。
⇒年賀状の販売期間内であれば、年賀状とも交換できる(ただし、在庫がある場合)。

 はがきや郵便書簡、特定封筒(レターパック封筒)、そして不要になった郵便切手なども同じように手数料を払うことで同額の通常切手、通常のはがき、郵便書簡、レターパック封筒と交換可能。

 エクスパック封筒は同額のエクスパック封筒と交換できる。公社発行の旧エクスパック封筒は、通常切手、通常はがき、エクスパック封筒と交換可能。

 ちなみに、年賀状のくじ番号は交換すると変わってしまうので、考えようによっては、年賀状のくじ番号の当たりはずれを確認してから交換に行ったほうが良いかも・・・。

喪中なら手数料無料で年賀状を同額のはがきや切手と交換できる

 近親者の不幸による服喪のため、利用できなくなったお年玉付き年賀はがき(四面連刷、インクジェット紙、くぼみ入り、寄附金付きを含む)・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手については、無料で通常切手類と交換が可能。

・交換可能な商品

通常切手(弔事用切手を含む。)、
通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)、
郵便書簡、
特定封筒(レターパック封筒)。
*特殊切手およびお年玉付き郵便はがき・切手は対象となりません。

・交換方法
⇒無料交換期間は、お手持ちのお年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日まで。
⇒簡易局を除くすべての郵便局で可能。
⇒郵便局の窓口で、喪中であることを申し出て、窓口に備え付けの請求書に住所、氏名および死亡した人との続柄等を記入する。

くじ付き郵便はがきの種類を間違って買った場合は無償交換できる

 年賀状やかもめーるなどのくじ付き年賀状の種類を間違えて買ってしまった場合無料で違う種類の年賀状・かもめーると交換できる。

 たとえばインクジェット用の年賀はがきを買おうと思っていたのに間違えて、普通の年賀はがきを買った場合、郵便局の窓口でインクジェット用の年賀はがきと交換することができる。

 年賀はがきとかもめ~る(夏のおたより郵便はがき)を相互に交換することはできない。

 広告付きはがき(エコーはがき)、四面連刷、オリジナル年賀はがきおよびオリジナルかもめ~るは誤購入による無料交換の受け入れ対象外。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

血液型が合わなくとも実の親子である可能性がある

血液型が合わなくとも実の親子である可能性がある

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

自然災害と火災保険

noimage
noimage

クレジットカード新事情

noimage

住居費は、いくらまでなら生活を圧迫しない?

noimage

学歴とお金は大事です

noimage

日経平均株価・上げ幅600円超4年8カ月ぶり

noimage
noimage

『乗った分だけ車を買う』残価設定型ローンのからくり

noimage

Menu

HOME

 TOP