相続人が痴呆老人や判断能力のない人の場合

 これからは、相続人に認知症の人が増えてくるんじゃないんだろうか?

 相続人の中に認知症の人がいたりすると、これはこれで大変そうだ。

[スポンサーリンク]

相続人の中に認知症や精神病の人がいる場合の遺産分割

 相続人が認知症等であっても相続人としての権利は有しているので、無視することはできまない。

 これらの人を除外した遺産分割協議は無効となり認められない。

  • 認知症等であっても意思能力がある場合
    ⇒その相続人も参加して遺産分割協議を行う。
  • 認知症等で意思能力がない場合
    ⇒成年後見制度を利用して後見人等を選任し、選任された後見人が本人に代わって遺産分割協議を行う。

意思能力のない相続人がいるときの手続き

 意思能力が失われている相続人がいる場合は、相続人に後見人をつける必要があるのだが、これもまたちょっと面倒。

 流れとしては以下のようになる。

1、意思能力が失われている相続人に法定後見人をつけるために、家庭裁判所で「後見開始の審判」手続きを行い後見人(成年後見人)を選任してもらう 。

2、選任された成年後見人が意思能力が失われている相続人の代理人となり、他の相続人との遺産分割協議に参加する。

3、遺産分割協議がまとまったら遺産分割協議書を作成し、その内容に応じて遺産の名義変更等の手続きを行う(手続きに必要な署名等についても成年後見人が代理して行う)。

*意思能力が失われている相続人が不利益になってしまう内容の遺産分割協議をすることは認められない。

*被後見人と後見人が相続人同士となって、お互いの利益が相反する(遺産を争う)ときは「特別代理人」を選任する必要がある。

*成年後見人となった人は遺産分割協議が終われば終了というわけではなく、その後も成年後見人として財産の管理等を行う。

*成年後見人をやめることができるのは、やむを得ない事情があると家庭裁判所が認めて許可した場合、又は意思能力が失われている人が死亡した場合に限られる。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

社会福祉協議会の日常生活自立支援事業(旧地域福祉権利擁護事業)
リビング・ウイルを書いてもらわなきゃ
遺言状があっても、最低限保障される『遺留分』って?
献体なら火葬代がかからない

献体なら火葬代がかからない

特別方式による遺言書ってどんなもの?
紙おむつの確定申告
独身の子供の遺産はどこに行く

独身の子供の遺産はどこに行く

成年後見人制度(法定後見人と任意後見人)
秘密証書遺言書・公正証書遺言書の証人
法定相続人ってどこまでの親族?

法定相続人ってどこまでの親族?

遺言は必ず守られるわけではない

遺言は必ず守られるわけではない

兄弟間でかけたお金が違うと思わぬトラブルが発生する
死亡届っていったい何?どこにあって、どこに出す?
マイナンバー通知カードがない
noimage

Menu

HOME

 TOP